忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Ⅱ.やわらかな傷跡 1

あれは、避けることのできない出来事だったのだ。どんなに避けようとしても、それは起こるべくして起こったものなのだ、と。それは、本当は解っていたのだ。でも、その跡を、残った傷痕を見る度いたたまれなくなった。冴晞は今でもずっと、それを、その時の自分を責めている。
自らの意思を持って、責め続けている。
 
――――――…and,5 months ago.
 
幸とは閉鎖される前からの付き合いである獅戯と冴晞は、元々幸が引き合わせた二人である。閉鎖される前から獅戯も冴晞も個人的にカオスの処理をしていた。獅戯と冴晞の得物は異なり、互いが互いを上手く補えるだろうと幸は考えた。何より、幸は直感的に二人に何かを感じていた。
『―――明日の昼頃に、此処に顔出しな。この優しいアタシが引き合わせてやる…』
獅戯は幸の思い通りになることを不本意に思いながらも、結局ボーダーラインに足を向けた。ボーダーラインのカウンター席、幸と親しげに話している人物。
「――――…来たね、」
幸は獅戯の姿を捉えて笑い、その反応に獅戯は顔を顰めた。幸の手招きに従ってカウンターに腰かけると、隣には黒髪の男――冴晞――が居た。
「獅戯、こいつが冴晞だよ」
幸は獅戯に引き合わせたい相手のことを「波紋一つ起こらない水面のような男」と言っていた。争いごとには無関係そうな穏やかな雰囲気、それと合わさるように隙のない落ち着いた空気。幸の表現は的を射ている、そう獅戯は感じていた。一方の冴晞も獅戯の隙のない態度に只者ではないと、そう感じずには居られなかった。
「初めまして。僕は、冴晞です」
「獅戯だ」
獅戯は出されたココアを手元に引いて、一口飲んだ。
「そういやお前、昨日は休めたのか?」
幸は冴晞に新しい珈琲を入れながら言う。冴晞はそれに苦笑して“あまり、”と正直に答えた。獅戯は「何の話だ?」とはかりの視線を向ける。
「…貴方には、追っ手はかかっていませんか?」
冴晞の言葉に、獅戯はその内容の凡そのところを理解した。
「思い通りにならない人間を消しにかかる連中か、」
「えぇ、中枢から直に指示を仰いでいるようですが」
「確かにないな……ま、俺からは手は出さねぇし」
獅戯の言葉に、冴晞は苦笑した。
「それなら大丈夫でしょう…僕の方も、そうだったらよかったんですが」
「別に出したくて出してるわけじゃないだろ、お前も」
幸は冴晞の前に珈琲を置いて言う。
「アンタは知ってるのか?」
自分から好んで手を出すとも思えない冴晞だ、そこには何らかの理由があるのだろう。そんなことも分からないほど、獅戯は鈍くはない。
「あぁ、冴晞は組織とは関係なく、個人的に手を出してきた連中を返り討ちにしてやっただけだ」
「そう、その個人がたまたま組織に関わりの深い人間だったってだけで」
幸の言葉を引き継ぐように冴晞は言った。
「成る程な、」
獅戯は納得した様子で、ココアをまた一口飲んだ。
「昔から、悪運だけは分けてあげたいくらい良くて」
「運がいいのも考えもんだな」
「本当に」
獅戯が笑い、つられるように冴晞も笑う。その様子を見ていた幸は、また自分の直感が当たったことを悟る。
「どうやら、予想より相性は良さそうだね。…ま、その方が好都合だが」
幸の言葉に二人は手を止める。
「好都合…ですか?」
「何、企んでんだよ」
二人が手を止め幸を見ると、幸は腕を組んで二人を見返した。
「企んでるだなんて、可愛い言い方するじゃないか」
そしてすっと目を細め、口元にはまさに企んでいるような笑み。二人は不吉な予感を感じながら、次の言葉を待った。
 
「お前たち、組んで戦ってみな」

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
瑞季ゆたか
年齢:
33
性別:
女性
誕生日:
1984/02/10
職業:
引きこもり人嫌いの営業AS見習い
趣味:
読書・音楽鑑賞・字書き
自己紹介:
◇2006.11.16開通◇

好きな音楽:Cocco、GRAPEVINE、スガシカオ、LUNKHEAD、アジカン、ORCA、シュノーケル、ELLEGARDEN、LINKIN PARK、いきものがかり、チャットモンチー、CORE OF SOUL、moumoon…などなど挙げたらキリがない。じん(自然の敵P)さんにドハマり中。もう中毒です。
好きな本:長野まゆみ、西尾維新、乙一、浅井ラボ、谷瑞恵、結城光流(敬称略)、NO.6、包帯クラブ、薬屋シリーズなどなど。コミック込みだと大変なことになります(笑)高尾滋さんには癒され、浅野いにおさんには創作意欲を上げてもらいつつ…あでも、緑川ゆきさんは特別!僕の青春です(笑)夏目友人帳、好評連載中!某戦国ゲームにハマり我が主と共に城攻めを細々とのんびり実行中(笑)サークル活動も嗜む程度。他ジャンルに寄り道も多く叱られながらも細々と更新しています…たぶん。

備考。寒さに激弱、和小物・蝶グッズとリサとガスパールモノ・スヌーピーモノと紅茶と飴と文房具…最近はリボンモノもこよなく愛する。一番困るのは大好物と嫌いな食べ物を聞かれること。

気まぐれ無理なくリハビリのように文章やレポを書き綴る日々…褒められて伸びるタイプです。

ブログ内検索

カウンター