忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

#11 「アシンメトリー」

逃げなくては。
奴らが追ってくる。
追いつかれれば、命の保証はない。
自分たちは、「上」の好奇心の為だけに殺されるのだから。

「…何観てんの、篤」
脩二はやけに難しい顔でパソコンを覗く篤尋に声をかけた。
「上で一騒動あったみたいだ」
篤尋は落ち着いた声で、そう応えた。 

種の一件から二週間。しばらくは種に対する「上」の動きを警戒していたが、幸いにも大事はなかった。そもそも、「上」と「下」はいつからか不干渉を守っている。何が契機だったのか、詳しいところを脩二たちは知らない。だが、それは何よりも下の人間にとっては有り難い。「堕ち」てしまえば、こっちのものと言うわけだ。
「…一騒動って?」
脩二の言葉に、返答を濁しながら篤尋の指は流れるようにキィボードを叩く。「上」がそう容易く情報を公開するはずがないので、篤尋が不法侵入で情報を得ているのは確実。中でも一騒動と言うだけのことなら、尚更「上」はその情報を隠したいはずだ。
「…脱走…」
ズラリと並んだ文字列の中から篤尋が言葉をすくい上げる。
「何が?」
「子供…」
脩二は眉間にしわを寄せた。
「…"アシンメトリー"」
ついに脩二も後ろから画面を覗き込んだ。そこにはパーツひとつとっても寸分違わぬ二人の子供が居た。

ライフラインは、キツく握りしめた携帯。いつだって、誰の時だって「そう」だった。それを識っているから、「上」の連中は携帯を取り上げない。
死刑囚を餌にしたいのか。
希望を持たせて突き落としたいのか。
…いや、きっとどちらもだ。
「仄(ホノカ)、大丈夫か?」
仄と呼ばれた片割れは、小さくコクリと頷いた。その手を引く篝(カガル)は空いた手で優しく仄の頭を撫でた。そして前を向くと、険しい表情で辺りに細心の注意を払う。
捕まるわけにはいかない。自分は兄なのだから、弟を守らねばならない責任がある。 

「――――…葬送屋、」

その名を持つお前たちなら、連れ出してくれるのだろう?

此処ではない、……へ


「――――何これ、」

さっぱり見分けがつかない。髪の色も瞳の色も。間違い探しなら、スペシャリストクラスの問題だ。脩二はしばし画面を見ていたが、興味を無くしたようにPCから離れた。篤尋はその後もPCを見ていたが、不吉な音がすると一方的に接続が切られた。
「バレた?」
「いや、単なる接続妨害だね」
「政府じゃねーの?」
脩二の問いかけに、篤尋は難しい顔をした。
「…恐らく、違う」
「上」の人間ではない、誰か。すると、真っ黒な画面を脩二が一瞥した。
「脩二?」
「――――…ヤな感じ」
脩二の言葉に篤尋は、その苛立ちの理由を計りかねて首を傾げる。だが、こういう時の悪い予感は恐ろしいほど当たる。これは「下」に堕ちてからより一層実感するようになった。だからだろうか。途端に走る緊張感。動きがぎこちないわけでも、口を閉ざしたわけでもない。いつもと変わらない様子で張り巡らされる独特の空気。
「し、」
篤尋が脩二、と声をかけようとした時、携帯が鳴った。
「篤、」
脩二がまた篤尋に傍に歩いてくる。篤尋はいつもよりゆっくりと携帯をとった。着信は「番号表示なし」。これを逃せば、相手との繋がりは絶たれる。
「…はい、」
篤尋は携帯の向こうに意識を集中させる。響く足音と、荒い呼吸。
「…君は、誰?」
「"お前、葬送屋か?"」
子供独特の高めの声音。声を潜めているのは、何か聞かれてはまずい状況なのか?
「あぁ、そうだよ」
「葬送屋」、このキーワードを口にした時点で依頼人に変わる。この携帯の向こうに居る相手は、法に縛られることではない、「何か」を求めている。
「"俺たちを連れ出してくれ"」
少年は、言った。

「"俺たちは…アシンメトリー、だ"」

その単語に虚を突かれて篤尋の返しが遅れる。それが、命取り。ぷつりと電話は切れた。
「…らしくない」
篤尋の反応に、脩二が呟く。篤尋は携帯を閉じてただ苦笑を返す。
「うん、確かにらしくない」
それに対して脩二は緩く篤尋を指差す。
「"次"は凡ミスすんなよ?」
責めるわけでも怒るわけでもない、いつもと同じ声音で。
「脩二もね、」
篤尋は真似するように緩く脩二を指差し返した。

確信があった。
「次」は、必ずやってくる。

拍手[0回]

PR

#10 「夜明けの雨」

「―――…また、雨だ」

気付いた脩二は諦めたような表情で、布団を頭から被る。再びゆるやかな眠りに堕ちていく…

「おはようございます!」

…ことは出来なかった。脩二は気怠そうにベッドを出ると、リビングへ足を伸ばした。
「あ、おはようございます、脩二さん」
リビングには、楽しそうに笑う篤尋と、種が居た。

あの後、脩二は種に自由を与えた。
「好きなように生きれば?」
突き放したとも言える態度だったが、種は特に気にしなかった。
「…ありがとう、ございます。また頑張ってみます」
そう健気に笑って去ろうとしたのを止めたのは。
「無鉄砲なやつだな、」
馨至だった。馨至自身が女子供に甘いのは自覚しているし、二人もそれをよく知っている。篤尋はその行為に笑い、脩二は呆れた。
「状況が落ち着くまで、俺らんとこに居りゃあ、いいだろ」
馨至の言葉に種は足を止め振り返る。驚愕した表情。篤尋と脩二は違う何かを察した。
「…馨至さんっ、」
種の声に振り返る二人。その間をすり抜ける種。
「……喰えねぇ女だな、」
長い黒髪。閉ざされた目。馨至はその姿を思い出しす。そして小さく呟いて苦笑するとそのまま倒れた。

結局、種が馨至から離れずそのままの流れで今に至る。つい何時間か前には泣きそうな程落ち込んでいたはずだが。
「おはよう、脩二」
雨による不調を察しているのか、軽く頭を叩いてソファに促した。脩二はそれに従ってソファに体を沈める。篤尋が淹れた珈琲を代わりに種が持ってきた。
「あー…脩二さん、」
「……何か?」
「…ありがとう」
種はしっかりと脩二を見て言った。脩二は珈琲を一口飲んだ。
「うん、昨日聞いた」
ちゃんと脩二が答えると種は少し安心したように笑った。
「私、馨至さんの様子見てきますね」
サクサク立ち上がるとリビングを出て行った。
それを見送った脩二は、向かいに座った篤尋を見上げる。何も言わないが、篤尋には何が言いたいのかすぐに察しがついた。
「助かってるよ、馨至を気にかけてくれるから」
だから、応えた。
脩二は"ふぅん"と言ってまた珈琲を飲んだ。
「…今くらいはね、」
篤尋の呟きを測りかねて脩二は眉間にシワを寄せた。
「さて、腕出してご覧?」
にっこりと篤尋は笑って手を出した。途端にばつの悪い表情になる脩二。馨至に気を取られて脩二は安堵していたが、奏との交戦でやらかした怪我をしっかり篤尋は覚えていた。そのまま放っておいたことで状況は更に悪い。
「大したことないんですけど」
「でも何もしてないんだろう?」
篤尋は諭すように言う。いつもより優しいのは雨の所為か?シトシトと降り注ぐ雨に、脩二は珍しく感謝した。
「アイツ、相変わらずでやんの」
「まぁ、負けず嫌いだからね…奏は」
篤尋は笑って、薬箱を持ってくる。
「年下相手に大人気ないっつーの」
そう言いながら、脩二はどこか楽しそうだ。
「…最近、GUNSも偵察がてら"下"に来てるらしい」
篤尋はまた手を伸ばして催促。脩二は渋々腕を出した。
「増えんだろうな、」
下に対する見せしめ。罪のない人間たち。
「色々と動きにくいのは確かだね」
篤尋は言いながら器用に手当てを済ませていく。
「…脩二、」
篤尋の声に顔を上げる。
「お昼、何にしようか」
"本当は馨至にも聞きたかったんだけど"と付け加えて、薬箱にしまう。
「…アイツの好きなん作れば?」
脩二が指したのは戻って来た種。篤尋は笑って立ち上がる。そして種を見て一言。

「種さん、お昼のリクエストは?」

雨は、止んでいた。

拍手[0回]

#09 「本当の主役」

「突っ立ってないで仕事しろよ」
呆然と見ている執行人に視線を遣ることなく奏は言った。
「はっ、はいっ…」
執行人が我に返り、種へと歩み寄る。
「やっ…」
篤尋と馨至に緊張が走る。
「―――早く来やがれ、」
馨至が毒吐いたのと同時。奏が種と一本の直線上に並んだ時、奏は「それ」に気づいた。奏は咄嗟に近くの執行人を捕まえて盾にした。執行人は驚愕に目を見開いて絶命。血潮が種の爪先数センチ先まで舞った。種はきつく目を閉じた。
「次から次へと、」
奏が苛立った声を上げる。だが意識していなかったのは完全に自分の過失。それを知ってるが故の苛立ち。
「おっせぇんだよ、来んのが」
馨至の言葉を脩二は無視した。奏はすぐに狙いを脩二に切り替える。脩二と奏の銃が交錯する。実力はほぼ互角。それでも脩二の方が上手(ウワテ)に感じるのは篤尋が贔屓目だからだろうか。その隙をついて馨至が種との距離を詰める。上で見ていた真皓が僅かに動く。
「…止めとき、温梓は気づいとる」
夾夏は冷静に真皓を止めた。

チリン…

鈴を転がしたような高い音色が聴こえた。
温梓はその音の先に向けて銃を放った。咄嗟に馨至が飛び退く。
「…アンタ、視えるんだな」

チリン…

「その音、綺麗な音どすなァ」
ゆっくりと紡がれた声は柔らかく心地良い声だった。
「…音?」
「それ、何といいますのん?」
馨至は銃を指しているのだと気づいた。
「…涼風だ、」
答えるなりすぐに種に近づいた馨至は銃で鎖を断ち切りその手を引いた。
「行かすかっ」
「どこ見てんだよ、ゼロイチ」
脩二は撃たずに銃身で奏を殴った。かわしきれずまともに食らうが立て直しは早い。
「百万回死ネ」
奏の連弾。奏の愛銃「quick shot」本来の姿に、脩二は掠りながら再び距離を置く。その間に馨至は種を連れて中央から降りた。アスカが交戦に紛れて二人にナイフを放つが、篤尋の銃が進路をずらす。足を止めることなく「天上」の観覧席の途切れたところへ走る二人。
「あ、あのっ…」
「喋んな、舌噛むぞ」
「でもこのままじゃ落ち…」
「下に行くんなら一番手っ取り早いな」
馨至は事も無げに答えた。
「うそっ!?」
馨至は腕を回してしっかりと種を引き寄せる。
「終わったぞ」
馨至は叫んで、そのまま「天上」の縁を蹴った。

チリン…

「…えぇ名前どすなァ」

温梓がゆっくりと銃を構えた。種が何かを感じて振り返る。見えたのは銃口とそこから立ち上る白煙。だがすぐにそれも見えなくなった。
「…僕らは、これで」
アスカの太刀を銃身で受け止め、優雅に一言。ナイフを弾いて、牽制の一撃。アスカは足を止めた。
「脩二、」
視界に脩二を捉えてから篤尋も二人を追うように縁を蹴った。
「…またね、ゼロイチ」
脩二は感情の薄い表情で篤尋を追う。奏はすぐに脩二の背中に向けて銃を放つ。脩二はそれを銃身で逸らし、奏の視界から消えた。

拍手[0回]

#08 「救出」

一番最初に気づいたのは、やはり奏だった。
「来るよ、」
二人が飛び込んだのは、その声とほぼ同時。篤尋の側にアスカと温梓、馨至の側に奏が立ち塞がる。馨至の姿を捉えた奏は、露骨に不機嫌な表情になった。
「俺は尋と遊びたいんだよ。アンタ、ウザい」
すると大して動じた様子もなく、馨至は肩を竦めた。
「それなら、左を選んだあいつに言えよ」
奏は依然として不機嫌な表情のまま、銃を抜いた。

ガゥンっ…

奏の一撃に観覧席の人間が静まる。執行人さえもその動きを止める。そんな様子を夾夏と真皓は上から見下ろしていた。そのすぐ後ろに控えた男は口元に笑みを浮かべただけ。
「――止めますか?」
口を開いたのは、真皓だ。その視線はまっすぐに指示を待っている。男は応えず、軽く首を振っただけだった。その答えに、真皓はまた天上に視線を落とした。

「…久しいですね、」
篤尋は動じた様子もないアスカに言う。アスカはその手に得物を構えて、社交辞令のように軽く笑う。
「意外です、貴方自身が"此処"へ来るなんて」
篤尋は誤魔化す様に笑う。内心、"本当は来たくなかったのだけど"と思いながら。そして、注意を逸らすことなく後ろに佇む温梓を意識する。情報としては知っている。争いを好まない、盲目の美女。されど、その実力は実際に立っている場所を見れば一目瞭然。実力がないのなら、彼女はGUNSに席を置くことはないのだから。
「彼女が無罪なことはご存知ですね、」
篤尋の言葉に、アスカは答えなかった。だがその沈黙が何よりの証拠。
「彼女を返していただきます」
「彼女は"上(ココ)"の人間、返すというのは適切ではありませんね」
アスカは表情から完全に感情を消した。それは、彼女が「参謀役」といわれる所以でもある。篤尋はそれ以上言葉を紡ぐことなく、銃を構えた。
馨至は奏の緩い一撃をかわして同様に一撃を放つ。奏はそれを容易く見切って、距離を縮める。本来なら、遠距離を得意とする奏。だが、奏が「瞬足」と言われる所以。奇想天外な行動を起こせるのは、その脚によるもの。馨至は近距離から放たれた一撃を寸前でかわし、辛うじて距離をとった。
「―――…おっかねぇ」
馨至は壁を盾にして小さく呟く。かつては自分も「上(ココ)」に居たが、よくGUNSの側で働いていたもんだと思う。自分は奏に勝てるとは思っていない。実力の差は歴然としている。だが、ぼやいたところで始まらない。与えられた役目を全うするだけだ。馨至はそう割り切ってい再び渦中へ出た。

拍手[0回]

#07 「楽譜(ラクフ) の狗」

天上を見下ろす特等席。その左脇にしゃがんで夾夏はぼんやりと中央を眺めていた。
「退屈やなぁ…」
右脇に佇む真皓は横目でちらりと夾夏を見ただけ。
「せやったら、何で出んかったかって?」
真皓が何も言わないのをいいことに、夾夏は続ける。しかし言いたいことを大方理解しているという点ではこのお喋りを評価すべきかもしれない。
「温梓が珍しく名乗り出てん、謙虚な俺が引いとかんとな」
真皓は黙ったまま考える。確かに常に補佐役を望む温梓にしては珍しい。GUNSでありながら、争いを好まない彼女だ。尤も、真皓は面倒が嫌いという点で争いを好まないし、夾夏も面倒は嫌いな性格だ。そんなものを好むとすれば、破天荒なリーダーくらいだろう。だから参謀役であるアスカが苦労するのだが。実際のところ、GUNSがまだまとまっているのはアスカが居るからに他ならない。あの破天荒は彼女以外には手に余る。
「せやけどホンマに来るんかなぁ、あいつら」
夾夏が頬杖をつく。
「…………さぁ、」
真皓はようやくそう一言答えた。
一方の奏は、天上の中央で静かに待っていた。基本的に落ち着かないことが多い奏だ。その珍しい様子に、GUNSの誰もがただ事ではないことを察している。夾夏はあぁ言ったが、奏の様子から奴ら…葬送屋が現れるのは間違いなさそうだ。そこへ両脇を固められた少女・種が現れた。奏と同じく天上にいる、アスカと温梓も場の空気の変化を感じ取る。
「――――…近いな、」
奏が小さく呟いた。

決めていたことがある。

冷たい夜をやり過ごしながら、何度も何度も同じことを考えていた。

信じようと思うしかなかった。それが法から逃れる唯一の方法なら。

中央の壇上に拘束される。種はその時を待っていた。
「可哀想だね、代わりなのに」
種を見上げて奏は呟く。
「…知ってるんだ、」
「知ってても何も変わらない」
奏の言葉は酷く淡々としていた。
「だって法は…裁かれる人間を欲しているから」
生け贄を求める。自分自身が存続するために。裁かれる人間が居なければ、法は必要ないのだから。
「……最低、」
「人間だからね」
奏は種の言葉にまるで堪えた様子もなく軽く笑った。でもそれはどこか自嘲に似ていた。

ゴーン、ゴーン…

つんざくような、鐘の音。それはこれから行われるすべての始まり。奏を始め、面々が夕闇空を仰ぐ。
「…私…私は、」

種は。

「何もしてないのに、死にたくないっ!!」

ありったけの声で叫んだ。ずっと気づかないフリをしていた思いを吐き出すように。

拍手[0回]

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN:
瑞季ゆたか
年齢:
33
性別:
女性
誕生日:
1984/02/10
職業:
引きこもり人嫌いの営業AS見習い
趣味:
読書・音楽鑑賞・字書き
自己紹介:
◇2006.11.16開通◇

好きな音楽:Cocco、GRAPEVINE、スガシカオ、LUNKHEAD、アジカン、ORCA、シュノーケル、ELLEGARDEN、LINKIN PARK、いきものがかり、チャットモンチー、CORE OF SOUL、moumoon…などなど挙げたらキリがない。じん(自然の敵P)さんにドハマり中。もう中毒です。
好きな本:長野まゆみ、西尾維新、乙一、浅井ラボ、谷瑞恵、結城光流(敬称略)、NO.6、包帯クラブ、薬屋シリーズなどなど。コミック込みだと大変なことになります(笑)高尾滋さんには癒され、浅野いにおさんには創作意欲を上げてもらいつつ…あでも、緑川ゆきさんは特別!僕の青春です(笑)夏目友人帳、好評連載中!某戦国ゲームにハマり我が主と共に城攻めを細々とのんびり実行中(笑)サークル活動も嗜む程度。他ジャンルに寄り道も多く叱られながらも細々と更新しています…たぶん。

備考。寒さに激弱、和小物・蝶グッズとリサとガスパールモノ・スヌーピーモノと紅茶と飴と文房具…最近はリボンモノもこよなく愛する。一番困るのは大好物と嫌いな食べ物を聞かれること。

気まぐれ無理なくリハビリのように文章やレポを書き綴る日々…褒められて伸びるタイプです。

ブログ内検索

カウンター