忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ニッケルキリ番「5918」のお題。

鈴雅さんより、キリリク。
○ボーンの59+18です。興味があればどうぞ。


「昔の君って、こんなに脆く見えてたんだね」

その言葉に、息が詰まった。


『その先に見えたモノは』


獄寺が見た10年後の世界は、自分の無力を思い知るのには十分だった。
「必ず、守ります」
ボンゴレ本部の壊滅。
散り散りになったファミリーと守護者たち。
そして。
「絶対に、貴方を死なせたりしない」
失った代償。
「俺が、必ずっ」
「…獄寺くん、」
獄寺はキツくキツく手を握りしめる。未来を変えたいのならば、自分がやるしかない。

「―――…君には無理だよ」

獄寺の言葉を真っ向から否定する凛とした声。
「…っ、雲雀」
「君、自分の実力省みたことあるの?」
見上げた雲雀の目は酷く落ち着いていて、無性に腹が立った。
「確かに俺は弱い、だから修行して、腕磨いて、」
「それで、何が出来たの?」
「…っ、」
雲雀は淡々と言葉を返す。
「ひ、雲雀さん、」
見かねてツナが口を挟むも、片手と一瞥に制されてしまう。
「君のダイナマイトは、子供の遊びだ」
理解っている。まるで歯が立たなかった。自分すら守れないくせに、誰が守れるというのか。獄寺は歯を食いしばる。
「…相手になってあげるよ、自分の無力を思い知るのが一番いい」
雲雀は余裕の笑みを浮かべ、
「…やってやらぁ、」
獄寺は、応えた。

……………

雲雀のトンファーを喰らうのはもう何度目か。かわしたはずがかわしきれない。しかも雲雀の一撃は本気じゃないし、くらっても倒れないところを狙っている。
「…手加減、しやがって」
「咬み殺して欲しいの?」
雲雀は楽しそうにクルクルとトンファーを回した。
「ダイナマイトを出せなきゃ、君はただの無機物と同じ」
"子供だって叩き込める"
雲雀の言葉が一々癇に障る。
「…負け、ねぇ…」
雲雀が呆れたように溜め息をつく。
「そういうところは変わらないね、…アイツに見習わせてやりたいよ」
「何、言って…」
「これで終わりだ」
トンファーの一振り。鈍い衝撃と胃の中が逆流する不快感。喉が熱く。
「獄寺くんっ!」
ツナの声と走り寄ってくる足音。
「…まだ、…」
呟いて獄寺は意識を落とした。

……………

揺らぐ視界。耳をくすぐる話し声。
「…ぁ…」
喉がチリチリと痛んだ。
「起きたの、」
傍らに座る雲雀は手にした本を閉じた。その何気ない態度に負けた自分を思い出して悔しさがこみ上げてくる。獄寺はそれをぐっと堪えた…
「…ねぇ、沢田とデキてるの?」
…が、一瞬で四散した。
「ばっ、てめっ、」
獄寺の反応に雲雀は笑う。
「やたらと沢田が心配してたからね」
楽しそうに笑う雲雀に腹立って、獄寺も言う。
「俺はテメーと山本のこと、知ってんだからなっ」
(←山本のノロケ被害により)すると雲雀は途端に不機嫌な表情になり、トンファーを出した。

「―――…それ、10年前の僕に言ったら咬み殺すから」

どうやら初耳らしい。獄寺はその様子ににやりと笑った。雲雀は表情を変えぬままトンファーをしまった。
「それで、何か見えたわけ?」
"変化ないなら今度は咬み殺すよ"と付け加える。獄寺は手当ての済んだ手を眺める。
「…俺は、」
10年前には見えてなかったことがあった。
「守る、だなんて」
何だかんだ言っても、まだ自分のことで精一杯で。ツナは守ってもらうことを望んでいたわけではないのに。誰かも自分も守れる力を持ってもいないのに。
「昔の君は、こんなに脆く見えていたんだね」
雲雀の言葉に、息が詰まった。
「沢田に対して過保護な所は相変わらず咬み殺したいところだけど、今の君は別に嫌いじゃないよ」
"じゃあ、昔の俺は何だったんだよ"と獄寺が内心毒つくと、それを見透かしたように。
「昔の君は眼中になかっただけだ」
「余計腹立つじゃねーかっ!!」
獄寺は反射的に噛みついた。だがすぐに引いて、戸惑った表情で続ける。
「――けど、俺も別にお前がそんなに嫌な奴だって思ってねぇよ」
すると雲雀は悠然と笑って、獄寺の顎に手を添える。
「…今よりも威勢が良くて可愛いね、」
「Σうわぁぁっ!!」
獄寺の反応に雲雀は満足し、席を立つ。
「沢田を呼んできてあげるよ」
にやりと悪戯な笑みに獄寺は少し恐怖を覚えた。




オマケ
「…つか、お前こんな華奢だったっけ?」
「…
煩い、咬み殺すよ?」


あまりの小ささ(雲雀:15)に獄寺(24)は感動していた(爆)
こんな感じでキリリク消化していきます(笑)

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
瑞季ゆたか
年齢:
33
性別:
女性
誕生日:
1984/02/10
職業:
引きこもり人嫌いの営業AS見習い
趣味:
読書・音楽鑑賞・字書き
自己紹介:
◇2006.11.16開通◇

好きな音楽:Cocco、GRAPEVINE、スガシカオ、LUNKHEAD、アジカン、ORCA、シュノーケル、ELLEGARDEN、LINKIN PARK、いきものがかり、チャットモンチー、CORE OF SOUL、moumoon…などなど挙げたらキリがない。じん(自然の敵P)さんにドハマり中。もう中毒です。
好きな本:長野まゆみ、西尾維新、乙一、浅井ラボ、谷瑞恵、結城光流(敬称略)、NO.6、包帯クラブ、薬屋シリーズなどなど。コミック込みだと大変なことになります(笑)高尾滋さんには癒され、浅野いにおさんには創作意欲を上げてもらいつつ…あでも、緑川ゆきさんは特別!僕の青春です(笑)夏目友人帳、好評連載中!某戦国ゲームにハマり我が主と共に城攻めを細々とのんびり実行中(笑)サークル活動も嗜む程度。他ジャンルに寄り道も多く叱られながらも細々と更新しています…たぶん。

備考。寒さに激弱、和小物・蝶グッズとリサとガスパールモノ・スヌーピーモノと紅茶と飴と文房具…最近はリボンモノもこよなく愛する。一番困るのは大好物と嫌いな食べ物を聞かれること。

気まぐれ無理なくリハビリのように文章やレポを書き綴る日々…褒められて伸びるタイプです。

ブログ内検索

カウンター