忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

雨が止むまで ( 後編)

それは今まで聞いたこともない、毒。

まるで去る気配がないのを特に咎められたりはしなかった。そうしてしばらく居座るうちに、分かってくることがある。年令の割に細いこと。特に働いている気配がないこと。だからどうと言うこともないのだが。

「――…品定めされてるみたいだ」

何故かその声に自虐的なものを感じ取った。灰猫は声をかけようとして止めた。
だから、それに気付いたのは本当に無意識。
「…なぁ、アンタ包帯なんてしてたか?」
灰猫の声に、月島は手を止め振り返る。そしてあの控えめな笑みで、
「…してたよ」
と答えた。そしてまた手を動かし始める。
「じゃあ何したんだよ、それ」
灰猫は確かと言えない違和感に、何とかして形を持たせたかった。少しでも確かなものにできたら。
「…言わない、」
その表情こそ見えなかったが、灰猫はまた笑っているのだろうと思った。

「言ったらきっと、…泣いちゃうから」

ダレガ?
ナニニ?
そう言われた灰猫は、それ以上深く詮索する事無く口を閉ざした。雨はまだ降り続いていた。
不自然に続く雨は今だに止む様子を見せない。天気予報も何だかぼやけて見える。心理的に雨が嫌いな灰猫は、猫だからかとくだらない理由付けをする。灰猫の少し離れたところに倒れている月島。自分よりも月島の方が雨がダメなのだろうか。

「…何、」

月島はゆっくりと目を開ける。灰猫は何も言わない。すると月島は珍しく少し意地悪な表情をした。
「そんなに包帯が気になる?」
灰猫は距離を詰めた。そして不機嫌な表情。
「―――俺からじゃないからな、」
灰猫は力なく上げられた腕を掴んだ。

その時の衝撃を何と言おう。

それは確かに腕だが、もはや腕などではない。熟れ過ぎたトマトを掴んだかのような感覚。掴んだ跡の残る腕。灰猫は反射的に手を引いた。

「腐っていくんだ、血の毒で」

血縁はみんなそれで死んだ、と月島は静かに言う。あと五年、三十になる前に自分もどこかで死ぬ。
「だから、誰かに居てほしかったのかもしれない…最期に、」
月島は頭を押さえて眉間に皺を寄せる。
「…ねぇ、君の本当の名前は?」
「――――雨嫌いの灰猫だよ、」
月島は力なく笑った。
「じゃあ、灰猫…雨が止んだら、居なくなって」
その声にも咎めるような響きはなかった。

「…あぁ、雨が止むまで居てやるよ」







end.

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
瑞季ゆたか
年齢:
33
性別:
女性
誕生日:
1984/02/10
職業:
引きこもり人嫌いの営業AS見習い
趣味:
読書・音楽鑑賞・字書き
自己紹介:
◇2006.11.16開通◇

好きな音楽:Cocco、GRAPEVINE、スガシカオ、LUNKHEAD、アジカン、ORCA、シュノーケル、ELLEGARDEN、LINKIN PARK、いきものがかり、チャットモンチー、CORE OF SOUL、moumoon…などなど挙げたらキリがない。じん(自然の敵P)さんにドハマり中。もう中毒です。
好きな本:長野まゆみ、西尾維新、乙一、浅井ラボ、谷瑞恵、結城光流(敬称略)、NO.6、包帯クラブ、薬屋シリーズなどなど。コミック込みだと大変なことになります(笑)高尾滋さんには癒され、浅野いにおさんには創作意欲を上げてもらいつつ…あでも、緑川ゆきさんは特別!僕の青春です(笑)夏目友人帳、好評連載中!某戦国ゲームにハマり我が主と共に城攻めを細々とのんびり実行中(笑)サークル活動も嗜む程度。他ジャンルに寄り道も多く叱られながらも細々と更新しています…たぶん。

備考。寒さに激弱、和小物・蝶グッズとリサとガスパールモノ・スヌーピーモノと紅茶と飴と文房具…最近はリボンモノもこよなく愛する。一番困るのは大好物と嫌いな食べ物を聞かれること。

気まぐれ無理なくリハビリのように文章やレポを書き綴る日々…褒められて伸びるタイプです。

ブログ内検索

カウンター