忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あぁ、ほら

夏が、終わる。

ゆっくりと木刀を下ろし、胃が空になるほど息を吐き出す。
そして深く息を吸って目を開ける。
手にした木刀で空を一閃。

「…休憩されてはいかがですか」

小十郎の声に張り詰めた空気を解いて、流れる汗を拭った。
小十郎は縁から庭に下り、手拭いを差し出してくる。
それを受け取る代わりに木刀を預けた。
背中から差す夕日の橙色に、
時間を忘れて木刀を振っていたのだと気が付いた。

「…小十郎?」

何も言わずに傍に立つ小十郎を見上げると、
その穏やかな瞳はずっと遠くに向けられていた。

「日が、短くなってきましたね」

小十郎の視線を追うと、そこには既に沈みかけている夕日があった。

「…そうだな、」

肌を撫でる風は冷たいものに変わり始めた。
気付かぬ間に夏が過ぎ、冬が来る。
奥州の冬は長い。
それは奥州から外に出て初めて知ったことだ。

「すぐに、また冬だ」

寒いのはあまり得意ではない(暑いのも苦手だが)、
でも冬は嫌いではない。
またいつものように季節が繰り返すだけ。
けれど夏の終わりに訪れる少し物悲しい感情は、
いくつになっても消えない。
宵に変わるほんの少しの間。
言葉を閉ざしてその景色を見ていたら、
不意に慣れた温もりが手を包み込んで。
見なくてもそれが何だか分かる。

「…ふっ、」

思わず笑みが零れたのは、
触れた指先から同じものを感じとったからだ。
沈む夕日一つに、妙に切なくなって。
普段なら人目につくような場所でこんなことをしない小十郎が、
小さく咳払いをした。

「…大丈夫だ、お前が、居る」

しっかりと手を握り返す。
この景色を見ているのは、一人ではないのだ。

傍に、小十郎がいる。

宵闇よ、一時でいい、この姿を隠してはくれまいか。

そう祈るように心の中で呟きながら、小十郎に寄りかかった。





※この後、「…くしっ、」と主のくしゃみで我に返った右目はそそくさと主を湯に入れたらしい。…過保護である。

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
瑞季ゆたか
年齢:
33
性別:
女性
誕生日:
1984/02/10
職業:
引きこもり人嫌いの営業AS見習い
趣味:
読書・音楽鑑賞・字書き
自己紹介:
◇2006.11.16開通◇

好きな音楽:Cocco、GRAPEVINE、スガシカオ、LUNKHEAD、アジカン、ORCA、シュノーケル、ELLEGARDEN、LINKIN PARK、いきものがかり、チャットモンチー、CORE OF SOUL、moumoon…などなど挙げたらキリがない。じん(自然の敵P)さんにドハマり中。もう中毒です。
好きな本:長野まゆみ、西尾維新、乙一、浅井ラボ、谷瑞恵、結城光流(敬称略)、NO.6、包帯クラブ、薬屋シリーズなどなど。コミック込みだと大変なことになります(笑)高尾滋さんには癒され、浅野いにおさんには創作意欲を上げてもらいつつ…あでも、緑川ゆきさんは特別!僕の青春です(笑)夏目友人帳、好評連載中!某戦国ゲームにハマり我が主と共に城攻めを細々とのんびり実行中(笑)サークル活動も嗜む程度。他ジャンルに寄り道も多く叱られながらも細々と更新しています…たぶん。

備考。寒さに激弱、和小物・蝶グッズとリサとガスパールモノ・スヌーピーモノと紅茶と飴と文房具…最近はリボンモノもこよなく愛する。一番困るのは大好物と嫌いな食べ物を聞かれること。

気まぐれ無理なくリハビリのように文章やレポを書き綴る日々…褒められて伸びるタイプです。

ブログ内検索

カウンター