忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

主従とっかえ生き残りゲーム②

幸村と小十郎の場合


※小政・佐幸前提、政+佐・幸+小の話その②
なんか色々とあってキャラ崩壊してるし恥ずかしいので折りたたみ↓↓

拍手[0回]

開け放たれた襖から差し込む光りに、幸村はゆっくりと目を開ける。
「…さ、すけ…?」
だが聞き馴染んだ声がしない。
ぼんやりと見える人物が誰なのか、その像がはっきりと結ばれた時。

「…かっ、片倉殿ぉぉぉ!!?」

幸村は、絶叫した。
それが、上田の朝の始まりだった。

主従とっかえ生き残りゲームの始まりである。

「…真、見苦しい姿を見せ申した…」
すっかり意気消沈して正座で頭を下げる幸村の前。
同じく正座で座る小十郎は少し申し訳なさそうな表情で答えた。
「…いや、まさか何も聞いてないとは思ってなかったものでな」
小十郎の言葉に頭を上げた幸村は、軽く首を傾げた。
「…して、片倉殿が何故此処に、」
幸村の疑問に小十郎は懐から文を出し手渡した。
それを開いて文書に目を走らせた幸村はその内容に絶句する。
『独眼竜と虎の若子の従者を~以下略~ばーい信長。』(主従とっかえ生き残りゲーム①参照)
そして自分を落ち着かせる意味も込めて丁寧に文を折りたたむとそれを小十郎に返した。
「織田の思惑通りってのは癪だが、無駄に犠牲を出すわけにはいくまい」
「…確かに、」
小十郎の言葉に深く幸村は頷く。
そんな幸村を前に、小十郎は
「至らぬ部分もあろうが、しばらくは辛抱してくれ」
そう軽く頭を下げる。
「某の方こそ、色々ご教授いただきたい」
幸村も慌てて頭を下げる。
「では、先に屋敷を案内いたしましょう、」
幸村は立ち上がり小十郎を促す。

「それから、某の稽古もつけては下さらぬか」

振り返り楽しそうに笑う幸村に、ぼんやりと主の姿を重ねて小十郎の表情が和らいだ。
「…あぁ、」
そう答えて腰を上げると、幸村について歩き出した。

「…朝は、苦手か?」

「?」
突然の質問に首を傾げる幸村に、「猿飛に起こしてもらってるんだろう?」と小十郎が笑う。
「…苦手ではないのでござるが…、佐助が起こしにくるのは幼い頃からの癖かもしれませぬ」
困ったように笑う幸村に、
小十郎は自分の主もそうなのだと伝えると幸村は意外そうな表情をする。
手合わせの時に見る政宗の姿からは想像できないのかもしれない。

「尤も、政宗様は朝が…光りがあまり得意ではないからな」

伏目がちに口にする様子にその理由を問うことは憚られて。
幸村はまた前を向く。
「片倉殿がこちらに居るということは、佐助は政宗殿の元にいるということ…何だか妙な胸騒ぎが…」
「…お前もか、実は俺もずっと気掛かりでな」



またお互いの顔を見合わせた二人は、遥か奥州の地に思いを馳せる。
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN:
瑞季ゆたか
年齢:
33
性別:
女性
誕生日:
1984/02/10
職業:
引きこもり人嫌いの営業AS見習い
趣味:
読書・音楽鑑賞・字書き
自己紹介:
◇2006.11.16開通◇

好きな音楽:Cocco、GRAPEVINE、スガシカオ、LUNKHEAD、アジカン、ORCA、シュノーケル、ELLEGARDEN、LINKIN PARK、いきものがかり、チャットモンチー、CORE OF SOUL、moumoon…などなど挙げたらキリがない。じん(自然の敵P)さんにドハマり中。もう中毒です。
好きな本:長野まゆみ、西尾維新、乙一、浅井ラボ、谷瑞恵、結城光流(敬称略)、NO.6、包帯クラブ、薬屋シリーズなどなど。コミック込みだと大変なことになります(笑)高尾滋さんには癒され、浅野いにおさんには創作意欲を上げてもらいつつ…あでも、緑川ゆきさんは特別!僕の青春です(笑)夏目友人帳、好評連載中!某戦国ゲームにハマり我が主と共に城攻めを細々とのんびり実行中(笑)サークル活動も嗜む程度。他ジャンルに寄り道も多く叱られながらも細々と更新しています…たぶん。

備考。寒さに激弱、和小物・蝶グッズとリサとガスパールモノ・スヌーピーモノと紅茶と飴と文房具…最近はリボンモノもこよなく愛する。一番困るのは大好物と嫌いな食べ物を聞かれること。

気まぐれ無理なくリハビリのように文章やレポを書き綴る日々…褒められて伸びるタイプです。

ブログ内検索

カウンター