忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

暖かい陽射しと、

風に淡い桜色がひらり。
目を遣ったその桜の下に、幻を見た。

『…また、逢えたらな』

奥州の、蒼。
その言葉が、不意に脳裏に過ぎって。
桜の花はどうでも良かった。
何となく胸騒ぎがして、気がつくと奥州に脚が向いていた。
道中視界に入る春の景色に、
花見と言い訳が出来そうだと安堵する。
杞憂ならいい。
この不安は「あの時」と似ている。
首に提げたお守りを押さえた。
呟くように口唇に名を乗せようとした時。

「意外と近くに居たんだな、前田の風来坊さんよ」

桜に紛れた迷彩。
何故、とは問わない。
「…一番最初のお出迎えがアンタとはな」
少し残念な表情をしたが、迷彩は少しも表情を動かさなかった。
「さて、この俺に何の用だい?」
「用があるのは俺じゃない、…いや、そもそも用事があるわけでもないのか」
迷彩は軽く考える仕草をしたが、
すぐにそれをやめたらしい。
「ま、とりあえずアンタがどこにいるかは突き止めたし」
「俺を探してたのに、用がないってのも寂しいねぇ」
わざとらしく嘆息すると、初めて迷彩が笑う。
桜の枝を手折らぬよう器用に桜の中に隠れて。
「…近くに居てくれて助かったぜ、小さな労力でたっぷりお返しを請求できる」
楽しげな迷彩に、

「…それ、一体誰に請求する気だ?」

胸騒ぎが、した。
「察するに、アンタも気付いてるんだろ?」
主君の命令なら、「請求」なんて言葉は要らない。
主ではない誰か。
この迷彩が、気紛れだとて動くだけの。

(そんなのは、一人しか居ねぇだろっ…)

「あちらさんにアンタに会う気はないみたいだぜ?」
アンタが生きてどこにいんのか、それが知りたかったらしい。
珍しいよな、あんなこと言うなんて。
迷彩が笑う。
会って言葉を交わしたのを思い出すように。
「…なぁ、前田の風来坊さんよ」
アンタの胸騒ぎは優秀だよ、と。
胸騒ぎと奥州に向いた脚。
迷彩は、音もなく地面に降り立って。
けど、
「そんなに動揺するくらいなら、目を離さない方がいいぜ?」
見上げてくる、射る様な瞳。


「アンタと違って、手を伸ばせばいつでも捕まえられる」


それくらい、近くに居るぜ?
主語は言わない。
言わなくても分かっている。
無意識に奥歯を噛んだ。
「…さて、と、俺様は報告に帰るとするかね」
いつものように笑うことも忘れて、露骨に表情を変えてしまった。
それを見、また楽しそうに迷彩は笑い、

「…野暮なこと、しなさんなよ?風来坊」

風のごとく、消えた。
自分の足では追いつくことは叶わない。
焦燥感だけが、だた膨らむばかりで。
「――――…っくしょぉっ…」
風にゆっくりと枝をしならせる桜の下。
呼吸を忘れてしまうほど、夢中になって走りだす。
余裕なんて無い、なんて格好悪いんだ。
それでも、

『…また、逢えたらな』

(逢えたら、じゃなくてさ)

笑みを含んだ声で、軽く手を上げた後ろ姿。
「…花見、どころじゃねぇよな、こりゃ」
あの、蒼に。
何よりも先に、あの蒼に。
自分の居所を気にしてくれている。
あの正直で、不器用な。

愛おしい、蒼。

それからどうやって蒼の元にたどり着いたのか、
正直覚えていない。
それだけ無我夢中だったってことで、許してもらえばいいか。
畳に横たわる後ろ姿。



「藤の花を見に来たぜ、」



ゆっくりと目を開ける蒼に笑って、
感触を確かめるように柔らかい髪を指で梳いた。















前回の続き…というか、裏話。
実は風来坊、迷彩にこんなこと言われてました、ぞっと!(笑)

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
瑞季ゆたか
年齢:
33
性別:
女性
誕生日:
1984/02/10
職業:
引きこもり人嫌いの営業AS見習い
趣味:
読書・音楽鑑賞・字書き
自己紹介:
◇2006.11.16開通◇

好きな音楽:Cocco、GRAPEVINE、スガシカオ、LUNKHEAD、アジカン、ORCA、シュノーケル、ELLEGARDEN、LINKIN PARK、いきものがかり、チャットモンチー、CORE OF SOUL、moumoon…などなど挙げたらキリがない。じん(自然の敵P)さんにドハマり中。もう中毒です。
好きな本:長野まゆみ、西尾維新、乙一、浅井ラボ、谷瑞恵、結城光流(敬称略)、NO.6、包帯クラブ、薬屋シリーズなどなど。コミック込みだと大変なことになります(笑)高尾滋さんには癒され、浅野いにおさんには創作意欲を上げてもらいつつ…あでも、緑川ゆきさんは特別!僕の青春です(笑)夏目友人帳、好評連載中!某戦国ゲームにハマり我が主と共に城攻めを細々とのんびり実行中(笑)サークル活動も嗜む程度。他ジャンルに寄り道も多く叱られながらも細々と更新しています…たぶん。

備考。寒さに激弱、和小物・蝶グッズとリサとガスパールモノ・スヌーピーモノと紅茶と飴と文房具…最近はリボンモノもこよなく愛する。一番困るのは大好物と嫌いな食べ物を聞かれること。

気まぐれ無理なくリハビリのように文章やレポを書き綴る日々…褒められて伸びるタイプです。

ブログ内検索

カウンター