忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

神様に誓って、


好きになったりしないと。
心の内を占める存在になどしないと。

忍は、度々こうして突然顔を出す。
だが不思議とタイミングが悪かったことは一度もなく、
この男の要領の良さを少し狡いと思った。
そうして話すことと言えば、
他愛のない話といつものくだらない言葉の応酬と。
「でね、旦那ってばさぁ…」
話す声が耳を右から左へすり抜けていく。
「聞いてる?」

自分の主人の、話。

「…てめぇはいつも幸村の話ばっかだな」
頬杖をついて呆れた顔をする。
「あはは、独眼竜は旦那と仲悪いもんね」
気に喰わない。
そうじゃねぇんだ。
「まぁさ、旦那は俺様の主人なわけだしその辺は…」
苦笑しながら言いやがって。
気付いているくせに。
理解してるくせに。
そんな素振り一つ見せずに、人を宥めようとなんて。
「独眼竜?」
黙っていると名を呼ばれた。
合わせた瞳が笑っている気がした。
小さく舌打ち。

(俺の不機嫌の理由が嫉妬だって…解ってんだろ)

分かっていて尚まるで知らない顔をして、
あたかも気付いてないようなフリで。
「あーあ、機嫌直しなって、今日は旦那の話おしまいにするからさ」
そう言ってくしゃりと髪を撫でられる。
その次の言葉は解ってるんだ。
「さてと、団子でも買って帰るかね」
さよならと自分以外の誰かを思う言葉。
それもよく知る、
「餡子とみたらし三本ずつ、だろ?」
紅の主人。
「ん?よく知ってるね」

(いつもてめぇが口癖みたいに言ってんだろうがよ)

忍は立ち上がり窓に桟に足をかける。

「また来るわ、じゃね、」

振り返らずに、何もなかったように。


「政宗」


愛しい声で、名を呼ぶ。
それば毒のように耳から全神経を脳を心をありとあらゆるすべてを内側から苛む。
駄目にする。
優しく染(し)んでいくように病んでいくように。
期待するなと、
諦めろと、
そう口にしてくれたらどれだけ楽になれるだろうか。
…果たして。

楽に、なれるのだろうか。

「政宗様?」
茫然と外を眺める背中に右目が声をかけてきて。
「…如何なされました?」
「…いや、」
その姿は闇に融けて既になく。


「鴉が…煩くてかなわねぇんだ」






※紅従主前提の忍←竜とか。忍は全部解っていて離さない。

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
瑞季ゆたか
年齢:
33
性別:
女性
誕生日:
1984/02/10
職業:
引きこもり人嫌いの営業AS見習い
趣味:
読書・音楽鑑賞・字書き
自己紹介:
◇2006.11.16開通◇

好きな音楽:Cocco、GRAPEVINE、スガシカオ、LUNKHEAD、アジカン、ORCA、シュノーケル、ELLEGARDEN、LINKIN PARK、いきものがかり、チャットモンチー、CORE OF SOUL、moumoon…などなど挙げたらキリがない。じん(自然の敵P)さんにドハマり中。もう中毒です。
好きな本:長野まゆみ、西尾維新、乙一、浅井ラボ、谷瑞恵、結城光流(敬称略)、NO.6、包帯クラブ、薬屋シリーズなどなど。コミック込みだと大変なことになります(笑)高尾滋さんには癒され、浅野いにおさんには創作意欲を上げてもらいつつ…あでも、緑川ゆきさんは特別!僕の青春です(笑)夏目友人帳、好評連載中!某戦国ゲームにハマり我が主と共に城攻めを細々とのんびり実行中(笑)サークル活動も嗜む程度。他ジャンルに寄り道も多く叱られながらも細々と更新しています…たぶん。

備考。寒さに激弱、和小物・蝶グッズとリサとガスパールモノ・スヌーピーモノと紅茶と飴と文房具…最近はリボンモノもこよなく愛する。一番困るのは大好物と嫌いな食べ物を聞かれること。

気まぐれ無理なくリハビリのように文章やレポを書き綴る日々…褒められて伸びるタイプです。

ブログ内検索

カウンター