忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Ⅰ.「始まりのない」始まり 3

獅戯が去った後、冴晞は珈琲を飲んで座っていた。獅戯が店を後にする時、冴晞も共に席を立ったのだが…
『あ、冴晞はちょっと待て』
幸に止められたら抵抗は無意味だ。それに従って獅戯も残ろうとしたところ…
『あぁ、お前はいい。さっさと帰れ』
そう容赦なく追い払われた。獅戯は眉間に皺を寄せ、冴晞は割って入るように“先に帰ってて下さい”と獅戯を宥めて帰らせた。
それから二人になった店内で特に何を話すでもなく、沈黙が続いている。さほど時間は経っていないのだろうが、やたらと長く感じる。結局、先に耐えられなくなったのは冴晞の方だった。
「…あの、何だか居残りさせられた生徒の気分なんですけど」
苦笑するのは冴晞の癖だ。それを幸は知っている。
「―――外で殺り合ってた時に、何があったんだ?」
幸は鋭く、すぐに気付く。珈琲を受け取ったあの時に、冴晞は勘付かれたと思っていた。だから、此処に自分だけ残したのだということも。
「…別に、何も。ただ、…嫌なことを言われて」
『サングラスとは、カッコイイねぇ』
「少し、腹が立っただけですよ」
冴晞はあの時、息が詰まったのを感じた。それを獅戯にも、そこに居た誰にも悟らせないように何かを言うことで打ち消そうとした。それは結局獅戯に制されてしまったのだが。冴晞がそういうことを上手くやるのも、幸は知っている。あの時その場に幸が居れば、間違いなく幸だけは欺けなかっただろう。その解答に、幸は呆れたように頭を掻いた。
「だーから、お前は…余計なことを考え過ぎなんだよ。考えなくていいことを抱え過ぎだ」
幸は目の前に座る冴晞に向かってそう言った。冴晞はそれに苦笑して、手元の珈琲を飲む。珈琲は、少し温くなっていた。
「…まだ、獅戯の傷に対する負い目あるな。腹が立ったってのは、それ絡みじゃないか?」
少し間を置いて話し出した幸の言葉はそれだった。冴晞は手を止める。
そんな昔ではない。獅戯と冴晞がカオスではなく人を相手にしていた時だ。ほんのちょっとした冴晞の動きの隙を埋めようと獅戯が動いた。そして冴晞もまた、獅戯の隙を補うように動いた。それは組むようになってからいつも互いに意識せず行なっていたこと。でも結果的にその所為で獅戯は左目を負傷し、永遠に左目は光りを失った。だから、獅戯はサングラスを掛けている。冴晞がこの傷で病むことがない様にと、獅戯なりの気遣い。それを冴晞は知っている。だが傷跡は消えることなく獅戯の左目に残り、冴晞の心にも残り続けて。
「あのなぁ、人は自分の面倒見るので精一杯なんだ。それなのに、自分じゃない誰かの面倒を見ることなんて出来やしない」
幸はコーヒーメイカーから自分の分の珈琲を入れる。
「前にも言ったな?アレを自分の所為だなんて自惚れるなって。アレは獅戯自身の過失だ。だから、お前が気に病むことなんて何も無い」
「…えぇ、そうかもしれません。でも、」
冴晞の言葉を遮った幸の表情は少し呆れたような穏やかな表情だった。
「お前が頑なに自分の所為だって思うのと同じだけ、いやそれ以上にアタシはお前の所為じゃないって言い続けるよ。…難しいことなんか考えたってどうせ解かりやしない。そういうことは何でも出来るような奴に任せておけばいいんだ。だから、お前もあいつみたいに前向いてな。もっとも…見えるのは、あいつの背中くらいだろうけどね」
「…いえ、十分過ぎますよ。僕にとって彼の背中は」
少し誇らしげに笑う冴晞を見て、幸は呆れて目を伏せた。
「そうやって、あいつを甘やかすのはお前の悪い癖だな」
そう、手厳しい一言を忘れずに。

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
瑞季ゆたか
年齢:
33
性別:
女性
誕生日:
1984/02/10
職業:
引きこもり人嫌いの営業AS見習い
趣味:
読書・音楽鑑賞・字書き
自己紹介:
◇2006.11.16開通◇

好きな音楽:Cocco、GRAPEVINE、スガシカオ、LUNKHEAD、アジカン、ORCA、シュノーケル、ELLEGARDEN、LINKIN PARK、いきものがかり、チャットモンチー、CORE OF SOUL、moumoon…などなど挙げたらキリがない。じん(自然の敵P)さんにドハマり中。もう中毒です。
好きな本:長野まゆみ、西尾維新、乙一、浅井ラボ、谷瑞恵、結城光流(敬称略)、NO.6、包帯クラブ、薬屋シリーズなどなど。コミック込みだと大変なことになります(笑)高尾滋さんには癒され、浅野いにおさんには創作意欲を上げてもらいつつ…あでも、緑川ゆきさんは特別!僕の青春です(笑)夏目友人帳、好評連載中!某戦国ゲームにハマり我が主と共に城攻めを細々とのんびり実行中(笑)サークル活動も嗜む程度。他ジャンルに寄り道も多く叱られながらも細々と更新しています…たぶん。

備考。寒さに激弱、和小物・蝶グッズとリサとガスパールモノ・スヌーピーモノと紅茶と飴と文房具…最近はリボンモノもこよなく愛する。一番困るのは大好物と嫌いな食べ物を聞かれること。

気まぐれ無理なくリハビリのように文章やレポを書き綴る日々…褒められて伸びるタイプです。

ブログ内検索

カウンター