忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

水彩

絵を描くことが嫌いだった。
絵を描くことは利用できた。
絵を描くことはできない。
でも。
絵を描くことは止められない。
 
放課後一人の美術室。
美術部の活動がない水曜には、いつもこうやって絵を描きに来る。
正しくは、模写をしに、来るといったところか。
絵が好きなわけでもなく、描くことが好きなわけでもなく、
でも、描かずにいると濁ったものが溜まっていくような気がして。
だからこうして週に一度、模写をする。
絵は何でも良かった。
誰かの提出物でも、美術品でも、
それこそ窓から見える風景でも。
 
青空の背景の向日葵。
コレはきっと誰かの提出物だろう。
拝借された誰かには気の毒だが。
 
志水は息を吐いて走らせていた手を休める。
今日はいつもより根詰めているような気がする。
いかんいかん。
軽く伸びをして不意に視線を窓の外へ向けたとき。
 
「…夕焼けだ、」
 
外は、綺麗な火色だった。
しばらくその色に見惚れて、吐き出す作業に戻る。
改めて向かった描き途中の絵は、夕焼けの背景の向日葵に見えた気がした。
 
次の日、うっかり忘れた絵を探しに志水は美術室に居た。
忘れた場所も曖昧。
それほど大事なものではないからと諦めたその時。
 
「これ、志水の絵?」
 
ドアに寄りかかり、ひらりと一枚の紙を掴んでいたのは香坂だった。
 
「すげー上手いのな」
 
「模写だ、誰でも出来る」
 
志水は少し面倒そうに答えた。
 
「…見えるんだよな、」
 
光に透かすように線画を見る香坂。
 
「綺麗な空の色…これ、どうやったら出せんの?」
 
志水は訝しげに香坂を見る。
香坂が眺めているのは、色なんてない線画だ。
あるのは白と黒だけで。
 
「この、夕焼け色」
 
香坂の言葉に、志水は驚いて後ずさる。
志水の反応に、今度は香坂が訝しげな表情になった。
 
何で?
模写したものは、青空だ。
青空ならまだしも、何で、
何で。
 
夕焼け、が見えるんだ。
 
あの時手を止めて見惚れたのは。
空も景色もすべてを染める程の、火色。
 
「…志水?」
 
「…ふぇ…」
 
言うな。
見つけるな。
それはただの捌け口で。
模写で。
そこに、
 
自分の「絵」があるだなんて。
 
「…うわぁぁぁんっ…」
 
「志水!?」
 
慌てて駆け寄り困惑する香坂。
 
僕は。
 
幼い子どものように、声を上げて、泣いた。
 

香坂は一枚の絵を手に、美術室に向かっていた。
廊下でばったり会った志水は、居心地の悪そうな表情で一枚の絵を差し出した。
 
「これ、やる」
 
その絵は見覚えのある、あの線画で。
向日葵と、その後ろに広がる。
 
「…あの夕焼け空と一緒だ、」
 
それは線画の先に見えた、夕焼け色そのもので。
 
「志水、また、水曜な」
 
香坂は背を向けて歩き出す志水に声をかけて笑った。
 
絵を描くことが嫌いだった。
絵を描くことは利用できた。
絵を描くことはできない。
でも。
絵を描くことは止められない。
 
そして水曜になれば、勝手に足が向くのだ。
 
今度は香坂の居る、美術室へ。

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ニッケルコピーで。

久々の戯言をば。
香坂も志水も好きな名前。志水はこの「志水」って漢字の並びがスキv何となく、綺麗な話が書きたい週間(笑)
何かこう、普段を切り取ったような光景で尚且つ青春っぽいといい。

声を出して、大声で、泣きたい。
  • 水城夕楼
  • 2007/10/18(Thu)18:14:27
  • 編集

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
瑞季ゆたか
年齢:
33
性別:
女性
誕生日:
1984/02/10
職業:
引きこもり人嫌いの営業AS見習い
趣味:
読書・音楽鑑賞・字書き
自己紹介:
◇2006.11.16開通◇

好きな音楽:Cocco、GRAPEVINE、スガシカオ、LUNKHEAD、アジカン、ORCA、シュノーケル、ELLEGARDEN、LINKIN PARK、いきものがかり、チャットモンチー、CORE OF SOUL、moumoon…などなど挙げたらキリがない。じん(自然の敵P)さんにドハマり中。もう中毒です。
好きな本:長野まゆみ、西尾維新、乙一、浅井ラボ、谷瑞恵、結城光流(敬称略)、NO.6、包帯クラブ、薬屋シリーズなどなど。コミック込みだと大変なことになります(笑)高尾滋さんには癒され、浅野いにおさんには創作意欲を上げてもらいつつ…あでも、緑川ゆきさんは特別!僕の青春です(笑)夏目友人帳、好評連載中!某戦国ゲームにハマり我が主と共に城攻めを細々とのんびり実行中(笑)サークル活動も嗜む程度。他ジャンルに寄り道も多く叱られながらも細々と更新しています…たぶん。

備考。寒さに激弱、和小物・蝶グッズとリサとガスパールモノ・スヌーピーモノと紅茶と飴と文房具…最近はリボンモノもこよなく愛する。一番困るのは大好物と嫌いな食べ物を聞かれること。

気まぐれ無理なくリハビリのように文章やレポを書き綴る日々…褒められて伸びるタイプです。

ブログ内検索

カウンター