忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

喧嘩をしているのかと思えば、

それは完全に自分だけで。
いつもそれが少し悔しい。




※現代版蒼主従話。蒼→高校生、右目→社会人。なので右目は普通に蒼を年下扱い。その④。何となく続きは折りたたみ↓↓

拍手[0回]


夏休み最後の2日間は何よりも大事な2日だった。
そのために溜め込んでいた宿題も終わらせたし、
何を言われても平気な状態にしてある
(小十郎はそういう細かいところに煩い)。
だからあとは残りの2日を満喫するだけだった。
夏休みが終わるのは嬉しくないが、
それでも楽しみで上機嫌だったのだ、昨日までは。
だが、夜遅く(日付は既に変わっていた)
に帰ってきてどうやらそのまま徹夜しているらしい。
しかも今日になっても部屋から出てくる気配はない。

「…馬鹿小十郎、」

ドアの前に立って小さく悪態をついた。
夏休みに入ってすぐに一緒に出掛ける約束をした。
小十郎は長い休みを取ることができないから、
少し落ち着いた8月終わりの2日間、
ここで一緒に出掛けようと言っていたのに。
自分よりもずっと大変なのは分かっている。
でも、この2日間をどれだけ楽しみにしていたか。

(……ってのが、ガキなんだよな)

出掛けられないことは勿論残念だが、
何も言われないことが胸をもやもやさせる。
約束はきちんと守る小十郎だ、
そのために頑張ってるのかもしれない。
でも。

(…小十郎の声、聞いてねぇな)

せめて一言。
ちゃんと覚えていると分かったなら。
ポケットに携帯と財布を突っ込み、鍵を指で弄びながら家をでる。
コンビニから帰る頃には、
このもやもやは少しくらい治まっていないだろうか。

数十分後、家に戻った時その望みは呆気なく崩れ去るのだが。

脱いだ靴を放置しつリビングに歩いていると、
小さな音を立ててドアが開く。
足を止めると、憔悴した小十郎が出てきた。
またもやもやが増した気がして歩きだす。
小十郎は何も言わない。

「…何でついてくんだよ、」

後ろから確かな足音とでかい気配(図体が無駄にでかいからだ)。
思わず家に居ることも忘れて後ろの小十郎を睨む。
文句を言われたらどっちが先に約束を破ったのか文句を言い返してやるつもりだ。

「…お前、俺に珈琲を飲ませない気か」

だが返ってきたのはまるで見当違いな言葉。
随分仕事が立て込んで徹夜をしている小十郎には
珈琲は欠かせないらしい。
それよりも頭に糖分じゃないのか
と高校生の自分ですら思うのだが。

「そ、それがついてくんのとどう関係が…」

怒っているんだとアピールしつつも、不意にはたと気付く。
珈琲を入れるリビングは不幸にも自分の先にある。

「…あ、」

完全に動きを止めたのを相変わらず不機嫌そうな表情で見、
荒く頭を撫でられた。


「…明日は出掛けるぞ、だからも少し待て」


怒っている理由について自分の口からはひとつも口にしていない。

(…ちゃんと覚えて、た…?)

どれだけ一緒に出掛けるのを楽しみにしていたか。

(…解ってた?)

喧嘩をしていたのは自分一人。
こういう時に、小十郎が大人だと思い知る。

「……仕方ないから、珈琲入れてやる」

眉間に皺を寄せて笑う。
いつも飲んでいるブラックではなく、疲れも吹き飛ぶような甘い甘い珈琲を。






※甘い珈琲に小十郎が苦笑するのはそれから数十分後。
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN:
瑞季ゆたか
年齢:
33
性別:
女性
誕生日:
1984/02/10
職業:
引きこもり人嫌いの営業AS見習い
趣味:
読書・音楽鑑賞・字書き
自己紹介:
◇2006.11.16開通◇

好きな音楽:Cocco、GRAPEVINE、スガシカオ、LUNKHEAD、アジカン、ORCA、シュノーケル、ELLEGARDEN、LINKIN PARK、いきものがかり、チャットモンチー、CORE OF SOUL、moumoon…などなど挙げたらキリがない。じん(自然の敵P)さんにドハマり中。もう中毒です。
好きな本:長野まゆみ、西尾維新、乙一、浅井ラボ、谷瑞恵、結城光流(敬称略)、NO.6、包帯クラブ、薬屋シリーズなどなど。コミック込みだと大変なことになります(笑)高尾滋さんには癒され、浅野いにおさんには創作意欲を上げてもらいつつ…あでも、緑川ゆきさんは特別!僕の青春です(笑)夏目友人帳、好評連載中!某戦国ゲームにハマり我が主と共に城攻めを細々とのんびり実行中(笑)サークル活動も嗜む程度。他ジャンルに寄り道も多く叱られながらも細々と更新しています…たぶん。

備考。寒さに激弱、和小物・蝶グッズとリサとガスパールモノ・スヌーピーモノと紅茶と飴と文房具…最近はリボンモノもこよなく愛する。一番困るのは大好物と嫌いな食べ物を聞かれること。

気まぐれ無理なくリハビリのように文章やレポを書き綴る日々…褒められて伸びるタイプです。

ブログ内検索

カウンター