忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

宵祭りの後、

桜を揺らす風に融けるよう消えた忍を見送る。
彼は忍の性分か、常に一歩離れた位置からものを見る。
それを感心する反面、
自分に向いた時の恐ろしさを思う。
散らかったままの座敷から、
残った酒を手に取り縁側に腰掛ける。
野暮用と蒼のお陰ですっかり酔いは覚めてしまっていた。
折角桜は綺麗で、こんなにも穏やかなのに。

『須く恋せよ、ってね、まぁアンタも頑張れよ』

手酌で杯に注ぐ酒を一口。

『右目が一番恐ぇから』

忍にはただ苦笑するしかなかった。
一番引っ掛かっていることを言われた気がするのだ。

「…右目、か」

蒼の一番傍に在る、大切なもの。
竜の爪(刀)。
竜の右目。
竜の魂。
それは蒼が絶対に譲らないもの。

けれど、不意に思うのだ。
蒼の背を守り、蒼の足枷となるすべてのものを断ち切る刀。
そして天下を獲るべき道の高みへと導く右腕。
右目の存在が、蒼が戦の渦中へ踏み込む一歩になっていやしないか、と。
けれど、あの有能な右目を非難するつもりはない。

(…きっとあの人は、悪意で折れそうな幼い子どもを、守ってくれていた人だから…)

けれど、
「…ここにいりゃあ、戦なんかしなくたっていいのにな」
桜を愛で、楽しく笑い、物騒なことなんてない平和な日常。
1日1日沈んでいく夕日に感傷的にはなるけれど。
些細なことが小さな幸せになって。
「……一緒に、」

「…そりゃ、何の話だ?」

覚束ない足取りで近づいてくる姿。
寝かしつけにいった足が無駄になったな、と思った。
「手酌とは、粋じゃねぇな」
傍らに腰を下ろす蒼は、
片膝を立てその上にコトリと頭を置いた。
「誰かさんは寝ちまうし、誰かさんは帰っちまうし」
祭りにも終わりがある。
拗ねたように言えば、

「だから此処に来てやったんじゃねぇか」

なんてふわりと笑うから。
酷い男だ、と思う。
「…此処で寝るなよ、風邪引いちまう」
奥州筆頭が風邪をこじらせたなんて格好の悪い話だ。
柔らかい黒髪を撫でて。

「…なぁ、アンタは俺をどうしたいんだ?」

さぁ、どうしたいのかな。
「…疲れてるアンタの宿になりゃいいよ」
笑ったら、伸ばした手に蒼は甘えるような仕草で。
「…アンタは駄目だ、俺を甘やかしてばっかりじゃねぇか」

(…このまま手を伸ばして腕の中に閉じ込めたら、)

「…此処から、抜け出せなくなっちまう」

蒼は夢から覚めるように目を開けて身体を起こす。
その顔は、奥州筆頭の顔。

(…なんて、閉じ込める勇気もないくせに)

すべてを奪って逃げる覚悟なんてないんだ。
蒼の抱えているものすべてを捨てさせるだけのものが、
それほどの価値が自分にはない。

「…また、来るさ」

蒼は立ち上がる。
本当はもう、酔いなんて覚めていたのかも知れない。
問いただしても、
「さぁな、」なんてはぐらかされるだけなんだろうが。
出来るのは、無事を祈りながら見送るだけ。

今は、まだ。


「…じゃあまた、旨い酒でも用意しておくさ」


遠ざかる足音。
その背は追わない。
ついと視線を落とした手元の杯に、

ひらりと。

淡い、桜が、ひとひら。





 

 

 

 

 

『春はいい、』の風来坊・蒼・忍の飲み会その後。
いつだって風来坊は蒼を攫ってしまおうと思ってる。でも、それを口に出す勇気は無い。
自分にはそれだけの価値がない、と相当自分自身を低く評価している。
(=自分の優先順位は圏外→人を守って死ぬタイプ)

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
瑞季ゆたか
年齢:
33
性別:
女性
誕生日:
1984/02/10
職業:
引きこもり人嫌いの営業AS見習い
趣味:
読書・音楽鑑賞・字書き
自己紹介:
◇2006.11.16開通◇

好きな音楽:Cocco、GRAPEVINE、スガシカオ、LUNKHEAD、アジカン、ORCA、シュノーケル、ELLEGARDEN、LINKIN PARK、いきものがかり、チャットモンチー、CORE OF SOUL、moumoon…などなど挙げたらキリがない。じん(自然の敵P)さんにドハマり中。もう中毒です。
好きな本:長野まゆみ、西尾維新、乙一、浅井ラボ、谷瑞恵、結城光流(敬称略)、NO.6、包帯クラブ、薬屋シリーズなどなど。コミック込みだと大変なことになります(笑)高尾滋さんには癒され、浅野いにおさんには創作意欲を上げてもらいつつ…あでも、緑川ゆきさんは特別!僕の青春です(笑)夏目友人帳、好評連載中!某戦国ゲームにハマり我が主と共に城攻めを細々とのんびり実行中(笑)サークル活動も嗜む程度。他ジャンルに寄り道も多く叱られながらも細々と更新しています…たぶん。

備考。寒さに激弱、和小物・蝶グッズとリサとガスパールモノ・スヌーピーモノと紅茶と飴と文房具…最近はリボンモノもこよなく愛する。一番困るのは大好物と嫌いな食べ物を聞かれること。

気まぐれ無理なくリハビリのように文章やレポを書き綴る日々…褒められて伸びるタイプです。

ブログ内検索

カウンター