忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

春はいい、

桜が綺麗に咲き乱れて、
人の心もどこか踊るように楽しげで。
それは、自分のところじゃ滅多にお目にかかれない光景。

(というか…旦那が居る限り、これは無いよな…)

文字通り、花より団子(より戦…か)な主人だ。
「悪ィ、すぐに戻る」
「Ha!酒がなくなってても文句は言うなよ」
隣の風来坊が席を立ち、
蒼がその背中にからかうように言葉を投げる。
何が理由で席を立つのか聞き逃した(逃したというよりは流したの方が正しいか)が、
ま、それは大した問題でもないか。
「竜の旦那、はいよ」
空いた杯にお酌すれば、酒の力も相まってえらく上機嫌な蒼。
「なぁ、あの忍とはどういう関係だ?」


…は?


「…あの忍…って、もしかして、かすがのこと言ってんの?」
酒を煽った蒼は、肯定するように笑う。
「慶次が言ってたぜ?」
酒に強いと豪語していた蒼は、
ついさっきまで繰り広げていた飲み比べが響いてきている様子。
これをあの堅物の右目がみたら何と言うだろうか。
面白いからいいけど。
「あいつとは同郷の…ま、腐れ縁みたいなもんか」
色恋沙汰にでもなれば、もっと人生華やかだったろうか?
いや。

(…あの紅に出会った時点で、多分、決まってた…)

「それより、竜の旦那はどうなの?小さなお姫様に懐かれちゃってさ、」
最北端。
お下げの良く似合う元気な少女を、この男は殊の外大事にしている。
「An?ありゃそういうんじゃねぇよ」
笑いながら杯に口付けたと思えば急に真剣な表情になって。


「…あいつとは、約束したから、な」


争いのない世を、
安心してやりたいことができる世を、
創ってやるから、と。
「尤も、それも俺一人じゃできねぇからな」
「でたよ、竜の旦那の右目自慢」
苦笑しながら、杯に酒を注ぐ。
「てめぇこそ、いつもの幸村自慢はねぇのかよ」
珍しく切り返された。
「自慢して良いなら、夜通しするけど?」
夜伽ぎ代わりに、なんて冗談を言えば。
「臨むとこ、ろ…だ」
「旦那!?」
杯の酒はしっかりと飲み干して、よろめきながら胸ぐらを捕まれた。

(竜の旦那は…絡む質だったか…)

少し面倒だなと、顔を顰めたところで風来坊の帰座敷。
「おかえり、早かったな」
「なっ…」
風来坊は困ったように頭を掻いた。
「旦那、風来坊が戻ってきたぜ?」
肩に乗せられた腕を解きながら言うと、すっかり据わった目。
「…あれからどれだけ飲んだんだ?」
「てめぇが遅いのが悪ィんだろうが」
立ち尽くす風来坊にゆっくりと蒼は移動を始めて、
よろけた身体を咄嗟に風来坊が支えてやる。
そんなに飲ませたつもりはなかったんだけどなぁ、と軽く頬を掻く。
風来坊に睨まれた。
「え、俺!?」
「政宗、そろそろお開きにしようぜ?な、いい子だからさ」
「sit!まだ酒もあんだろうが」
「けどさぁ、」
宥める風来坊を見て笑う。
「迫るのはそのくらいにしておきなって、竜の旦那、すごく、目の毒」
「佐助っ!」
適度にはだけてきてるとか、
顔赤くなってるとか(笑)
「…って、政宗!?」
プツリと糸が切れるように眠りに落ちた蒼を、しっかりと抱きなおす風来坊。
その表情はすっかり呆れていて。
「政宗にあんまり酒は飲ませねぇ方が良さそうだな」
右目の苦労を垣間見た気がした。
「佐助、アンタも面白がって飲ませるなよ、」
人に飲ませるの巧いんだからさ、
と釘を刺された。
それに応えるように軽く手を挙げたら、
また風来坊は嘆息して座敷を出ていった。
遠ざかる足音。
開け放たれた座敷の外から聞こえる花街の喧騒。
ちびちびと酒に口付けながら、
心地よい風に目を細めて。


「春はいいモンだねぇ…須く恋せよってね」


あの風来坊の言葉を借りるとすれば。

「…あー…うちの旦那が恋しくなってきた…」

そろそろお暇しようか。
杯を置いて縁に出ると、風来坊が見送ってくれる。
「次は、幸村も連れてこいよ」
団子でも用意しておくさ。
笑う風来坊に丁重なお断わりを。
「うちの旦那の酔った姿見せたくないから遠慮しておくよ」
「…アンタ本当に自分の欲には忠実だよな…」
あからさまな独占欲。
当人が気付かないから大変なんだけど。
「須く恋せよ、ってね、まぁアンタも頑張れよ」
右目が一番恐ぇから。
風来坊は何も言わず、ただ苦笑しただけだった。
屋根を渡り、真田の根城の方角に目を遣る。


「……さて、と、ご機嫌とりに団子でも買って帰るとしますかね」


食いしん坊な、主人の許へ。











友人のマイ設定に萌えたぎった。
風来坊>蒼>忍
風来坊→笑い上戸、蒼→絡み酒、忍→酔わせ上手
イマイチ生かせてない自分に絶望した…orz
実はこの後、風来坊が縁側で一人酒、その杯に桜の花びらが落ちた、というシーンがある。

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
瑞季ゆたか
年齢:
33
性別:
女性
誕生日:
1984/02/10
職業:
引きこもり人嫌いの営業AS見習い
趣味:
読書・音楽鑑賞・字書き
自己紹介:
◇2006.11.16開通◇

好きな音楽:Cocco、GRAPEVINE、スガシカオ、LUNKHEAD、アジカン、ORCA、シュノーケル、ELLEGARDEN、LINKIN PARK、いきものがかり、チャットモンチー、CORE OF SOUL、moumoon…などなど挙げたらキリがない。じん(自然の敵P)さんにドハマり中。もう中毒です。
好きな本:長野まゆみ、西尾維新、乙一、浅井ラボ、谷瑞恵、結城光流(敬称略)、NO.6、包帯クラブ、薬屋シリーズなどなど。コミック込みだと大変なことになります(笑)高尾滋さんには癒され、浅野いにおさんには創作意欲を上げてもらいつつ…あでも、緑川ゆきさんは特別!僕の青春です(笑)夏目友人帳、好評連載中!某戦国ゲームにハマり我が主と共に城攻めを細々とのんびり実行中(笑)サークル活動も嗜む程度。他ジャンルに寄り道も多く叱られながらも細々と更新しています…たぶん。

備考。寒さに激弱、和小物・蝶グッズとリサとガスパールモノ・スヌーピーモノと紅茶と飴と文房具…最近はリボンモノもこよなく愛する。一番困るのは大好物と嫌いな食べ物を聞かれること。

気まぐれ無理なくリハビリのように文章やレポを書き綴る日々…褒められて伸びるタイプです。

ブログ内検索

カウンター