忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

花冠をと思ったけど、

それよりも一枝の花の方がきっと良く似合う。
そうお前が言ったこと、覚えてるか?

「よっ、慶次~」
「慶ちゃ~ん」
老若男女問わず楽しげな声と、その名を呼ぶ声と聞こえる。
その声に応えるように踊り手は益々鮮やかさを増し、盛り上げる。笛の音に爪弾く弦の音。
豪奢な衣装に身を包み慶次は、
思わずため息が漏れてしまうほど華やかに舞を踊っていた。
慶次は祭りと喧嘩を好み、
明るくお人好しで誰にでも好かれる質である。
どこで舞なんて覚えたのか知らないが、
それは人々を魅了するには十分すぎるほど。
前に出ることをせず人々に紛れてその舞を眺めていると、
ふわり振り返る慶次と目が合った。
一際優しく慶次は笑い、斜め前に立つ娘は頬を赤らめた。

「…ばーか…」

そう声には出さず口で伝え、
くるりと踵を返して人の輪を抜け出した。

踊り手に誘われるように集まっているせいか、
通りの人はそこまで多くはなかった。
しばらく軒先を覗きながら歩いていると、近づいてくる駆け足。
歩調を緩めて振り返れば、案の定そこに慶次がいた。

「政宗、もう帰るのか?」

「…や、そういうわけじゃねぇけど」
少しの休み時間にわざわざ追い掛けてきてくれた慶次に、
らしいなと思う。
「みんなアンタの舞を楽しみにしてるんだな」
話に聞いたことはあった。
それが嘘だとも思わなかったが、
あれほどまでに人を魅了するものだとは思わなかったのだ。
だからそれを知り好んで舞を見ている花街の人間が少し羨ましく思った。
そうしたら、あの人の輪が少し居心地が悪くなった気がした。
「…すげぇ、綺麗だったぜ?」
素直に感想を述べれば、
珍しいことに慶次は口元を手で押さえて視線を外す。
「……そういう不意打ち、困る」
「は?」
慶次の呟きに首を傾げれば、
「そりゃ、好きな人が見てるとなりゃ張り切るだろ」
と言われた。
そして慶次は何か思いついたように自分の髪に差していた花飾りを抜いて、
耳の上あたりに慣れた手つきで差した。
「…何だよ、これ」
眉を顰めて問う。
慶次はそれに答える代わりにふわりと優しく笑って。


「……すげぇ、綺麗」


擽るように毛先を指で遊んで。首もとがこそばゆくて仕方ない。

「―――恥ずかしいのはどっちだよ…」

そう苦笑して言っても、今の慶次には効きそうにない。

「案内するよ、花街は俺にとっちゃ庭だ」

そう言って手を引かれる。
「おい、これ差したまま人混みは…」
「分かってるって」
振り返り愉しそうな笑顔を向けられては止める気も失せる。
手を引かれるままに歩きながら、
少しだけ強く慶次の手を握り返した。






※風来坊の舞を一度見てみたい。風来坊が竜の髪に花を差すのが書きたかっただけ。

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
瑞季ゆたか
年齢:
33
性別:
女性
誕生日:
1984/02/10
職業:
引きこもり人嫌いの営業AS見習い
趣味:
読書・音楽鑑賞・字書き
自己紹介:
◇2006.11.16開通◇

好きな音楽:Cocco、GRAPEVINE、スガシカオ、LUNKHEAD、アジカン、ORCA、シュノーケル、ELLEGARDEN、LINKIN PARK、いきものがかり、チャットモンチー、CORE OF SOUL、moumoon…などなど挙げたらキリがない。じん(自然の敵P)さんにドハマり中。もう中毒です。
好きな本:長野まゆみ、西尾維新、乙一、浅井ラボ、谷瑞恵、結城光流(敬称略)、NO.6、包帯クラブ、薬屋シリーズなどなど。コミック込みだと大変なことになります(笑)高尾滋さんには癒され、浅野いにおさんには創作意欲を上げてもらいつつ…あでも、緑川ゆきさんは特別!僕の青春です(笑)夏目友人帳、好評連載中!某戦国ゲームにハマり我が主と共に城攻めを細々とのんびり実行中(笑)サークル活動も嗜む程度。他ジャンルに寄り道も多く叱られながらも細々と更新しています…たぶん。

備考。寒さに激弱、和小物・蝶グッズとリサとガスパールモノ・スヌーピーモノと紅茶と飴と文房具…最近はリボンモノもこよなく愛する。一番困るのは大好物と嫌いな食べ物を聞かれること。

気まぐれ無理なくリハビリのように文章やレポを書き綴る日々…褒められて伸びるタイプです。

ブログ内検索

カウンター